南ラオス

スポンサーリンク
南ラオス

真パクセー秘境の館

パクセーに新たな置屋を見つけたと現地のブラザー氏から連絡を受け、プノンペンからバスで合計11時間のバスの旅でラオスへと向かう
南ラオス

さらなる奥地、サラワンへ

実はパクセーの奥地にあるサラワンという場所がきらきらの今回の最終目的地であった。実はコロナ前にタイ人の彼女がいて当時、ビエンチャンで駐在員だったのだが、元カノはふとした拍子にこのサラワン支部に派遣されたのだ。当時の会話で置屋がある、ベトナム人がいっぱいいると元彼女は言っていたんだ。。その元カノとの会話がずっと忘れられず今回、パニ男を同行させ最終目的地「SALAVAN」へと向かったんよ
南ラオス

パクセーの特大ハンノイ群

他に置屋はあるのか?市内を彷徨うがそれらしいものは見つからない。昼だとわからないので夜に探索する事にする。必ずや夜のお遊びスポットを探してやる!
南ラオス

パクセー秘境の館

とあるサイトの知り合いで語学を教えていたパクセの友人と合流。彼が知っているパクセーのおすすめの場所があるらしく付いていくことにした。というか半強制的に下調べさせていただけである
南ラオス

ベトナムから陸路でラオスへ!後編

未曾有の大渋滞に巻き込まれ、国境越えに丸一日かかったきらきらとパニ男。心身共に疲労したまま、ラオバオ国境から目的の地パクセーへと向かう
南ラオス

パクセーのメコン側ハンノイ

ベトナムからの怒涛の移動2日間!から一夜明け、窓を眺めると壮大な風景がきらきらを出迎えた。早速、夜の置屋探しに備え、食料補給のためにホテル提携のバイクを借りて街へと繰り出す。