ハノイにあるツーソンじゃない置屋街

ハノイには夜遊びできる場所は少ないが、郊外にあるツーソンが置屋としては有名。郊外ではツーソンでも摘発がありひっそりと営業しているし値段も外国人は700Kと高騰している。
市内から20キロ近い距離を走らなければならず、いくのにも一苦労だ。ハノイ郊外を走っていると怪しいネオンが漏れていた。2023年9月

場所

秘密
知りたい方、アフィを買うかnoteで購入お願いします
購入後、不明な点はアシスト致します。
SNS等での拡散はお控えください

市街からはまあまあ遠い

高性能、薄毛を隠せるパウダー🔽

旧市街で絶品のコムチエン(チャーハン)を頂き、食後にバイアグラをグビっと飲み干す。
しかし美味い、絶品だ。

今回は友達のパニック症候群のパニ男を同行させた。旧市街で飯を済ませ、地図で怪しい立地条件を調べていく。

市内では公安の監視が厳しい為、基本置屋は存在しない。必ず監視区域スレスレのところに置屋というものは存在する。

というのも確かなのだが、実はツイッター仲間から情報をもらっただけであるw

パニ男とキラキラは教わった場所をGrabで設定し目的地まで向かったのだった。

ピンクの神々しいネオンはあるのか

GRABタクシー移動で20分はかかる。バイクだと厳しい距離かな。ツーソンよりは全然近い。

ハノイ駅を通過する

到着。

騒がしい場所だ。特に何があるわけでもない普通の郊外、本当にあるのか?

しばらくフラついていると、、それらしいものはない。時刻は20:00を回ったところ。ん?

女の子が何人も小道を往復している。。不自然だ。ついて行ってみよう

これは!!やはり!

めっちゃピンク!!神々しい!

すごいな、どうやってこんなとこ見つけたんだよ。件数は10件以上あったかな。見た時は月曜日だったので週末だともっと増えると思う。

チョンの間みたいな形式で通りすぎるだけで穣を見られた。

可愛いのからデブからBBA手前までと幅が広い。
自ら手招きする子たちもいて選べばそこそこいい穣にも出会えそう。

テッペンも前髪も両方からハゲの進行を抑える🔽

値段

300K! (1800円くらい)=163

都会なのにこの安さ!市内からGrabタクシーで170K前後かかるので500Kを見ておくといい。

いくら?と聞くと私は価格を知りません。
と言っているようなものなのでそのまま300Kを渡そう
ごねられたら前回は300Kドンだったよ?と主張すればいいよ。

実践開始

ここで登場するのがパニ男。独自の嗅覚で毎回迷うことなく穣を指名する。指名語、近くのニャギに連れて行かれた。

待つこと3分。

えっもう戻ってきた。

結果はおっ●い触ろうとするだけでチップを要求してくる超塩穣。服も脱がずで速攻で萎えて戻ってきた。

うーんこれはひどい。やめた方がいいかな?

後々聞き回ってみるとパニ男の例はかなり運が悪かっただけで他のフォロワーが挑戦したとことろ、そこまでは酷くなかったらしい。
女の子たちは明るい子が多いので、通えば良い子を見つけ出せるかもしれない。

ガチのダイエット🔽

短期滞在者にいいかも

★★★★☆

ツーソンは700K であるのに対してここはドーソンよりも安い庶民価格。穣の数は多いし、相当地元民に利用されている置屋街だ。市内は抜きなしで1500Kは採られてしまうので少し遠出してもこの場所はおすすめの場所と思える。
なんせ市内のマッサ1回行くならここで5発もぬけるんだから!


ツーソンよりは近いし、ハノイに着いた時にはここに遊び場にしたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました